GMC サバナ ブレーキ修理

国土交通省認定整備工場
one style

090-5765-3482

〒270-1456 千葉県柏市泉18

営業時間 9:00~日没まで(納車、引渡しは22時まで) 

車検・整備

2019/08/29 GMC サバナ ブレーキ修理

こんにちは(^ω^)

今回はお電話にてブレーキを修理して欲しいとの連絡があり

この大きな車両をロードサービスで入庫していただきました。

cimg5027

アストロよりも一回り大きな感じの車体なのでブレーキの故障は怖いですね(;・∀・)

では早速見ていきます。

cimg5028

原因はすぐに見つかりました(。・∀・。)

左タイヤの前側のブレーキパイプが腐食しておりそこからブレーキフルードが漏れていました:(;゙゚’ω゚’):

cimg5029

パイプの径を測定し発注です。

cimg5058

来たのは4m物です。。

cimg5082

では、良きところで腐食箇所を切断していきます。

本来であればこのパイプ全体を変えたかったのですがお客様の予算上の都合で部分修理となりました。

cimg5083

ここが腐食箇所の穴です。1mmほど。

cimg5084

それで長めにパイプを長めに切り出し元のパイプのようにベンダーで曲げていきます。長ければ切ればいいですが短いと作り直しです、

cimg5085

車体側のフレア加工を2箇所

cimg5086

作ったパイプ側も2箇所フレア処理

cimg5087

ジョイント部分は必ずまっすぐになるように取り付けフレームの干渉を防ぐため少し離して後ほど

バンド固定してパイプ交換は終了です。

あとはフルードを入れエア抜きを時間をかけ行います。

ペダルに反力が出てきたら通常通りのフルード交換の要領でエア抜きをしていきましょう!

エンジンをかけABSの回路内もキッチリ行いますよ~

後は停止状態でフルブレーキやエンジンOFFでの気密テストをして半日放置しますw

後日漏れがなければ作業完了です(´∀`)

このような輸入車の作業や他店で断られてしまった方はまずはご相談ください!

この度は当店にご依頼ありがとうございました!!

TOP